東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気 耳疥癬

●耳疥癬●

耳疥癬とは?

耳疥癬とは寄生虫による感染症のこと!

耳疥癬(みみかいせん)、ちょっと馴染みのあるものとは言い難いですが、ワンちゃんのオーナー様であれば、一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。いわゆる耳の感染症で、激しいかゆみをともなう病気です。一般に、耳に多くみられることから、「耳」という字が当てられていますが、症状が進行してくれば耳だけでなく、耳の周辺から首のあたりにも症状が広がってきます。重症になれば、目のまわり、足などにもつよいかゆみがでることもあるのです。

 

耳疥癬の原因

疥癬というのは、私たち人間にもおこる病気であることをご存知でしょうか。人の場合は、ヒゼンダニというダニがおこす皮膚の病気とされ、かゆみやブツブツといった症状がみられ、また人から人へと感染をおこすことで知られています。ワンちゃんの耳疥癬の原因となるのは、イヌミミヒゼンダニといわれるダニです。このダニという寄生虫に感染することが、そもそもの原因となります。耳のなかの耳垢や傷ついた皮膚、リンパ液、あるいは血液といったものを栄養源にして繁殖します。

イヌミミヒゼンダニは、感染力もつよいといわれていて、ほかのワンちゃんにも感染が広がることがあります。そのため、感染の拡大がおこらないように配慮することが大切です。とくに複数のワンちゃんと暮らしているオーナー様は注意が必要です。

また、少し紛らわしいですが、イヌセンコウヒゼンダニというダニが類似のものとしてあります。こちらは全身に寄生するダニで、皮膚の組織などを栄養源として繁殖します。そのため、症状は全身にあらわれます。

ちなみに人にも感染することがあるのですが、イヌヒゼンダニは人間の皮膚では繁殖ができないといわれていて、症状もでることなく一時的な感染に止まることが多いというのが通説です。

 

 

 

耳疥癬の症状

かゆみや黒っぽい耳垢

耳疥癬の症状として、代表的なのは「かゆみ」です。基本的には、かゆみはつよいことが多く、ワンちゃんは不快感をあらわす仕草をくり返すようになります。直接耳をひっかいたり、頭をつよく振る、耳を地面などにこすり付けるといったものです。かき過ぎれば、耳の部分の毛が抜け落ちてしまうこともあります。さらにひっかき傷ができてしまう場合もあります。

また、黒っぽく濃い色をした耳垢がたくさんみられるようになるのも耳疥癬の症状の特徴だといえます。これに加えて、耳周辺から「悪臭」と表現されるようなつよい臭いを発するようになります。

耳血腫

耳血腫というのは、「耳」に血が(内出血)貯まり、ぷくっと腫れてしまう状態です。一般に、耳への衝撃、病原菌、血液の病気などでおこるのですが、耳疥癬が進行すると、耳をかきすぎて組織が傷つき、そこから内出血をおこしたり、炎症をおこしたりします。傷口から二次的な感染症になることもあります。

 

 

 

耳疥癬の検査

顕微鏡検査

耳疥癬の場合にも一般の血液検査がおこなわれることが多いですが、とくに耳疥癬の検査となると、顕微鏡などを使った精密な検査が必要となります。症状などから、耳疥癬であることをおよそ判断することはできますが、きちんとダニの存在を確認するために必要な検査となります。

メスなどを使って、患部から組織片を取り、さらに顕微鏡を使って拡大して確認するというものです。

 

 

 

 

耳疥癬の治療

治療の基本は薬物療法

耳疥癬の治療の基本は、薬を使った対処法となります。まずは患部の処置として、洗浄液などを使って耳垢をきれいにしてあげます。その後でダニに対する薬を使用します。薬には、塗り薬や飲み薬など、いろいろなタイプがあり、まとめて駆虫薬とよびます。早期の発見であれば、この駆虫薬で対応ができるのですが、ここから二次感染をおこして細菌などへの感染をおこしていたりすれば、さらに抗生物質などによる治療が必要となることもあります。

また、症状のところでも触れましたが、耳血腫がみられるときには、耳に貯まった血液を抜き、炎症を抑える薬を使用しなければいけません。程度がひどい耳血腫は手術となることもあるので、耳疥癬は早めの対応が肝心です。

アフターケアも大切

治療を開始したら、担当の獣医の指導をよく守り、最後まで治療をつづけるようにしましょう。途中で治療をやめてしまえば、中途半端になり、また症状が悪化するケースもあります。治療中も耳のまわりなどをきちんとチェックしてあげて、症状が改善していることを日々確認してあげるようにしてください。

 

 

 

耳疥癬を予防する方法

こまめなチェック

近年では、耳疥癬の予防薬といわれるものもみられるようになってきています。しかし、耳疥癬の予防は、なかなか難しいのも現状です。イヌミミヒゼンダニやイヌヒゼンダニは、比較的どこにでもいるダニで、お散歩中やほかのワンちゃんと接触することでも感染がおこります。予防法としてすすめられるのは、日々ワンちゃんのからだをこまめにチェックすること、そして異常があれば早めの受診を心がけることです。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

耳疥癬は、自然に治ることもありますが、やはり早い段階で受診することが必要です。それは、感染拡大を防止するという意味でも重要なことです。かゆみ、脱毛、赤み、かさぶたなどがみられたら、早期発見のためにも、かかりつけの獣医に相談しましょう。

 

 

 

 

※参考文献

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*林良博(監):イラストでみる犬学 (KS農学専門書). 講談社. 2000

*Scott Danny W, Miller Jr. William H:疥癬が疑われた350例の犬に関する後向き研究(1988–1998), 獣医臨床皮膚科 19(1), p3~9, 2013

*国立感染症研究所・疥癬とは(http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/yellow-fever/392-encyclopedia/380-itch-intro.html 2017年2月閲覧)

*環境省・人と動物の共通感染症に関するガイドライン平成19年(https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/infection/guideline.pdf 2017年2月閲覧)

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031
●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●
アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.