東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気 糖尿病

●糖尿病●

糖尿病とは?

糖尿病とは血糖値が高い状態がつづく病気のこと!

「糖尿病」という病気については、私たち人間にとってもよく知られた病だといっても過言ではありません。近年、生活習慣病という言葉も定着しています。遺伝的な要因が関連する病気ともいわれますが、不規則なライフスタイルとの関係が深いことからこのようによばれるものです。そんな生活習慣病に代表される病気として糖尿病は知られています。この糖尿病という病気ですが、ワンちゃんにとっても決して無縁というものではありません。

とくに近年の医学の発展の恩恵もあって、ワンちゃんの寿命も伸びてきているといわれています。また、ライフスタイルも自然に近いものより、どちらかといえば、人間と同じようにまもられて生活をするようになりました。その結果、栄養過多になったり、運動不足になったり、あるいは不規則な生活が習慣化してきたりといったことも関係し、糖尿病になるワンちゃんが増えているのではないかといわれます。

糖尿病は、ひと言でいってしまえば「血液中の糖分が過剰に多い状態がつづく状態」ということです。からだの成分は微妙な調整をおこないながら、正常を保っています。必要以上に血液のある成分だけが偏ると、それは全身症状としてあらわれる場合があるのです。まず、糖尿病がどのような病気か。病気についての基礎的な内容を少しご紹介しておきたいと思います。

 

糖尿病のメカニズムについて

血液のなかの当分は、ホルモンによって調整されています。ホルモンにもたくさんの種類がありますが、糖尿病との関わりが深いホルモンは、膵臓から出される「インシュリン」というホルモンです。食べものなどから得られた糖分が血液のなかを流れ、その糖分を細胞が取りいれることを促すのがインシュリンのはたらきになります。しかし、ときにインシュリンがはたらかなくなることがあります。こうなると血液のなかの糖分が高くなり、いわゆる「高血糖」という状態がおこります。血液のなかに余分な糖分があると、それは全身にひろく影響をあたえてしまいます。

ちなみに糖尿病には大きく2つのタイプがあります。ひとつは、インシュリンを分泌する本部である膵臓の機能がこわれているタイプで、「I型」といわれています。もうひとつは、膵臓には問題がありませんが、インシュリンのはたらき自体がよくないタイプで、こちらは「II型」といわれます。ワンちゃんの場合は、I型のタイプが多いと考えられています

糖尿病をおこしやすい犬種
遺伝的なものなどもあってか糖尿病になりやすいといわれているワンちゃんの種類があります。代表的な犬種として以下のようなものがあげられます。

  • トイ・プードル
  • ミニチュア・ダックスフンド
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ジャーマン・シェパード

 

 



糖尿病の症状

飲食の量がふえる

糖尿病の特徴的な症状のひとつとして、飲食行動が変化することがあります。具体的には、水分をたくさんとるようになり、そのぶんおしっこの量がふえます。また食事の量がふえる傾向にあります。しかし、栄養分が十分に吸収できないので、飲む量や食べる量に比べて、やせてくるといった特徴がみられます。また、体内のPH(酸性・アルカリ性)のバランスが崩れて、吐いたり、食欲がなくなったり、元気がなくなるといった症状になることもあります。

白内障などの目の病気もおこる

人間の場合、糖尿病の影響として「目」、「腎臓」、「神経」に症状があらわれることを三代兆候などといったりします。ワンちゃんも目に症状がでることがあります。目の症状で頻度が高いのは白内障というものです。これは、目のレンズにあたる部分が白く濁ってしまう状態です。みえづらくなりますので、視力の低下などがおこってきます。

そのほかにも糖尿病は全身に症状がでる
糖尿病がとくに心配されるのは、血糖が高いという状態そのものではなく、その結果としてさまざまな症状がみられることです。ご紹介した消化器や目の症状以外にも、感染症、皮膚病、膀胱炎、子宮の病気(メスの場合)、心臓病、神経症状、腎臓病などいろいろな臓器に支障がでます。進行すれば、意識を失い、命を落とす場合もあります。

 

 

 

 

糖尿病の検査

血液検査・尿検査

糖尿病を調べるためにおこなう検査は、血液検査と尿検査が中心となります。血液中に含まれる糖分の量、あるいは尿中に含まれる糖分をみることで、糖尿病であるかどうかを診断することができます。1回の検査で異常値が出たとしても確実ではないことがあるので、複数回にわたって検査をすることもあります。

 

 

 

 

糖尿病の治療

インシュリンをあたえる

もともとからだにあるホルモンであるインシュリンを人工的に処理して薬剤化したインシュリンがあります。これをワンちゃんに注射することで、インシュリンのはたらきを補うのが目的です。インシュリンの注射は、獣医から指導を受けて、オーナー様が直接行いながら管理するのが一般的なやり方です。そのため、指導をよくまもることが大切です。

食事(おやつ・フード)療法

糖尿病の対処として、食事管理が重要になります。摂取カロリー数、給餌回数、タイミング、運動量などを総合して考えて取り組まなければいけません。そのため、食事については、担当の獣医と相談すること、そして定期的に検査を受けることになります。

治療費用については獣医とよく相談すること

ワンちゃんの糖尿病は、一生涯付き合っていかなければいけないケースがほとんどだといえます。ですが、獣医の指導をまもりながら管理すれば、良好な状態を継続できることも期待できます。しかし費用面においてオーナー様の負担がふえることも考えられます。長く付き合う病気だけに、費用などについては、概算だけでも獣医に相談しておくとよいでしょう。

 

 

 

 

糖尿病を予防する方法

 

定期検診と規則正しい生活を

糖尿病は、確実に予防するということが難しく、また遺伝なども関係する難しい病気です。できることとして、定期検診を受ける習慣をつけて、早期に発見し、早期に対応できるようにしておくこと。さらに、暴飲暴食を控え、適度な運動に取り組むなど規則正しいライフスタイルを身につけておくことも大切です。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

治療は継続しておこなうことが大切

糖尿病は、長く付き合う病気だけに、オーナー様もワンちゃんにとっても継続して治療や管理をおこなわなければいけません。そいった意味では、いつでも気軽に相談できるかかりつけの獣医をお近くにもっておくと安心です。オーナー様ご自身も糖尿病に対する知識をつけることも必要になるでしょう。不安になることもあると思いますが、そこは臆せずに担当の獣医に相談するようにしてください。

 

 

 

 

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*林良博(監):イラストでみる犬学 (KS農学専門書). 講談社. 2000

*東京大学・獣医臨床病理学研究室・犬と猫の内分泌疾患ハンドブック(http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/vcpb/endo-dx.pdf 2017年1月3日閲覧)

*森昭博他:インスリン投与を行なっている1型糖尿病犬におけるリンパ球構成比の変化(内科学), The journal of veterinary medical science 70(2), p185-187, 2008

*森昭博他:小動物領域における新しい血糖コントロールマーカー糖化アルブミン(GA)測定,  Bulletin of Nippon Veterinary and Life Science University (58), 48-52, 2009

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031
●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●
アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.