東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気 外耳炎

●外耳炎●

外耳炎とは?

外耳炎とは耳の穴が炎症をおこすこと!

外耳炎(がいじえん)という病気は、ワンちゃんの病気のなかでも、比較的よく出会うものです。病気に「耳」という文字があるので、そのとおり耳に関する病気です。ワンチャンの耳は人間に比べると大きいのが特徴もあって、耳の病気はおこりやすいのだともいわれています。今回のテーマは、外耳炎という病気です。その前に、少しワンちゃんの耳のつくりについてまとめておきたいと思います。一般にいわれる耳(ヒラヒラしてみえる部分)を専門的には「耳介(じかい)」とよんでいます。ここから耳の穴のなかをたどっていくと、奥には「鼓膜(こまく)」という膜があります。この耳介から鼓膜までの通り道を「外耳道(がいじどう)」といいます。外耳炎は、この外耳道にトラブルが生じてしまって、炎症がおこるものです。

 

外耳道の原因は?

外耳道の原因とされるものには、いろいろなものがあります。代表的なものとして、以下のような原因があげれられます。

感染

寄生虫や細菌などが感染することで、ワンちゃんのからだが防御反応をおこし、一種の炎症状態になることがあります。

アレルギー

アレルギーも外耳炎をおこす原因のひとつです。異物や化学物質などにふれることで、アレルギー反応をおこし、その結果外耳炎になることがあります。アレルギーにも免疫が関係しています。免疫の過剰反応ということになります。

不衛生

不衛生な環境にいる場合に、やはり外耳炎をおこすことがあります。そのため、定期的にワンちゃんの耳を確認してあげたり、耳を掃除してあげることが大切です。

犬種

ワンちゃんの種類によって、外耳炎をおこす頻度が違うといわれています。耳が大きく垂れているワンちゃん、耳のなかにも被毛が生えているワンちゃんは、外耳炎になる可能性が高いといわれます。代表的なワンちゃんには、以下のような犬種があります。

*トイプードル

*ゴールデン・レトリーバー

*ラブラドール・レトリーバー

*ミニチュアダックス

*パグ

*シーズー

*アメリカン・コッカー・スパニエル

*柴犬 など

 

 

 

外耳炎の症状

耳をかく・かゆがる

外耳道が炎症をおこしているため、その部分にかゆみがでます。外耳炎になったワンちゃんは、後ろ足をつかって耳をしきりにかくようになり、また頭をつよく振るような動作をすることが特徴です。

耳垢がベタつく、臭いがつよい

外耳炎では、耳垢も性質も変わることがあります。耳垢がベトベトと粘性があり、また臭いもつよくなることがあります。

放置すれば、慢性化することもある
外耳炎の治療をせずに、そのまま放置しておくと、炎症が慢性化することがあり、こうなると治りもわるくなります。耳の皮膚が厚く硬くなり、さらに進行すると耳の穴がふさがるほどにまで進んでしまうこともあります。

 

 

 

 

外耳炎の検査

耳鏡検査

耳の病気の検査では代表的なものです。耳鏡(じきょう)とよばれる、筒状の検査器具を耳に挿入し、それを利用して耳のなかを観察するものです。耳の皮膚の状態、傷や体液が出ていないかなどをチェックします。

細胞検査

外耳炎の原因は、感染やアレルギーなどさまざまなことから、治療に使うお薬も変わってきます。そのため、原因をはっきりとさせるために、細胞の検査をすることもあります。皮膚の一部をとり、その細胞をより精密に検査して、原因となっている細菌や寄生虫などを特定するための検査です。

 

 

 

 

外耳炎の治療

点耳薬などの薬を使った治療が中心

外耳炎の治療では、薬を使った内科的な治療が中心です。外科的に手術するといったことは、よほどのことがない限りはおこないません。多くの場合は、点耳薬といって直接耳に点耳する薬、あるいは内服薬などの飲み薬を使って治療を行います。また、かゆみがつよいときには、かくことで耳の皮膚を傷つけたり、脱毛してしまったりしますので、エリザベスカラーというエリマキトカゲ状の装具を一時的に使用することもあります。

治療費は状態によってまちまち

ワンちゃんの外耳炎は比較的よく出会う病気であることから、治療費などを心配されるオーナー様も少なくありません。治療費については、ワンちゃんの状態によって差があるので、費用は一律ではないのが現状といえます。処方される薬自体の価格が安い・高いというよりも、治療する期間が異なってくるというのが大きな理由です。数千円程度で治療が終了することもあれば、1万円あるいは数万円という治療費が必要になることもあります。担当の獣医に聞くのが確実です。

お家での耳ケアも治療の一環

動物病院での専門的な治療に付属して、オーナー様にご自宅での耳のケアをお願いすることもあります。ただ、耳の粘膜はデリケートですし、また耳のなかを触れることを好まないワンちゃんもいます。綿棒などでつよくこすりすぎると、かえって状態がひどくなることもあるので、一般には専用のクリーナーと清潔なガーゼやティッシュなどで、みえる範囲を優しく拭いてあげる程度で大丈夫です。治療を担当する獣医に相談して、教えてもらうようにしましょう。

 

 

 

 

外耳炎を予防する方法

日頃から耳の状態をチェックしてあげる

外耳炎の予防には、日頃からワンちゃんの耳の状態を確認してあげる習慣がポイントです。早期発見にもつながります。耳垢がたまっていないか、耳に異物や吹き出物などがないか、耳から異臭などが出ていないか、など普段からワンちゃんの耳の状態をみてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

治らない病気ではないので、放置はしないで

外耳炎は、きちんと治療してあげれば治らないような深刻な状態になることなく、治療することができます。しかし、放置していたり、気づかないままでいると状態がどんどんわるくなり、慢性化してしまうこともあります。慢性化した外耳炎は、治りもわるく、治療にも時間がかかってしまいます。普段から耳の状態を確認してあげるようにし、異常があれば、すぐにお近くの動物病院、またはかかりつけの獣医に相談しましょう。

 

 

 

 

※参考文献

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*林良博(監):イラストでみる犬学 (KS農学専門書). 講談社. 2000

*高島一昭他:犬の細菌性外耳炎に対する0.3%ロメフロキサシン眼科耳科用液の治療効果, Journal of Animal Clinical Research Foundation 22(3), p96-100, 2013

*佐藤敏彦:両側の全耳道切除術を行ったアメリカンコッカースパニエルの1例, 岩獣会報 (Iwate Vet.), Vol. 34 (№ 1), p4〜6, 2008

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031
●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●
アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.