東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気 眼瞼炎

●眼瞼炎●

眼瞼炎とは?

眼瞼炎とはまぶたの炎症のこと!放置するとなかなか治らない

眼瞼炎(がんけんえん)という病気は、ワンちゃんの病気として珍しいものではありませんが、病名がちょっと難しく感じるかもしれません。眼瞼とは「まぶた」のこと。まぶたのまわりに炎症がおこってしまうのが、眼瞼炎という病気です。炎症がおこる原因はさまざまです。専門家であっても眼瞼炎をすぐにみつけることが難しいことがあり、長く放置されてしまうケースも少なくありません。眼瞼炎がワンちゃんの命を奪うというところまでいくことはほとんどありませんが、長く治療されないでいることは望ましくありません。状態がひどいと治るのにも時間がかかり、目の感染症などのリスクが高くなってしまいます。今回はワンちゃんの眼瞼炎について、早期の発見と治療に役立てていただける内容にまとめています。

 

眼瞼炎がおこってしまう原因は?

眼瞼炎は、まぶたの炎症。まぶたの炎症の原因はさまざまで、なかには特定が難しい場合もあります。その原因を大きく分けてみると以下のようなものがあります。

■ケガによるもの

目を何かにぶつけたり、交通事故にあったり、あるいはトゲがささるといったことで、まぶたが傷ついておこることがあります。

■まぶたに先天的な異常があるもの

生まれつき、眼瞼炎をおこしやすい状態のワンちゃんもいます。生まれつきまぶたが内側に曲がっていたり、逆に外側に反っていると、眼球を傷つけたり、まぶたの内側の粘膜を傷つけたりして炎症をおこすことがあります。ほかにも逆まつ毛といって、まつ毛が極端に眼球寄りについている場合、まぶたがしっかりと閉じないというケースもみられます。。

■もともとの病気が関係するもの
まぶたの内側の粘膜の炎症(結膜炎)、目の表面にある角膜の炎症、ドライアイなどがあると、目を気にしてこすってしまい眼瞼炎をおこすことがあります。この場合、眼瞼炎をおこしている病気の治療が優先されることもあります。

■感染によるもの

細菌、寄生虫(ダニなど)への感染が眼瞼炎を引き起こすことも少なくありません。

 

 

 

眼瞼炎の症状

まぶたの腫れ、脱毛

眼瞼炎では、まばたきが多く、涙の量も増えてくるのが多いです。ただ、この段階ですぐに病気を発見できることは多くありません。もう少し症状が進行して、目のまわりが腫れたり、赤くなったりする段階で発見されることが多いものです。さらに炎症の症状が出ているため、目を気にしてこすりすぎてしまい、目のまわりが脱毛して皮膚がみえた状態にあることもあります。

目やに、化膿(かのう)

眼瞼炎では、目やにが増えることもひとつの特徴といえます。目やにが出れば、眼瞼炎ということではありませんが、病気をみつける貴重な手がかりとなります。普段よりも目やにが多いときには、感染症などを疑ってみる必要があります。また眼瞼炎を放置すると、その部分に炎症物質などが溜まり、化膿してしまうこともあります。

 

 

 

 

眼瞼炎の検査

原因の特定にはいくつかの検査が必要になる

眼瞼炎の場合、ある程度経験のある獣医ならば察することができることも少なくありません。しかし、原因を特定するとなるといくつかの検査をすることが必要になります。眼瞼炎をおこす原因がさまざまなだけに、原因を明確にすることは進行を予防するため、あるいは治療するうえでも重要です。一般に血液検査、寄生虫検査、アレルギーテンスと、細菌培養検査などがおこなわれます。ワンちゃんの状態をみながら必要な検査項目は増減することもあります。

 

 

 

 

眼瞼炎の治療

点眼などの薬を使った治療

眼瞼炎をおこした原因にほかの病気が考えられる場合は、その病気の治療が優先的におこなわれることになります。感染症の場合であれば、抗生物質や抗菌薬などを投与する治療もあります。眼瞼炎の治療では、内科的にお薬を使って治すというのが基本となります。

エリザベスカラーを使用することもある

エリザベスカラーについては、ご存知の方もいるかと思います。ちょうどエリマキトカゲのように、首に大きな襟状の装具を装着するというものです。これは治療というよりも、ワンちゃんが目をこすることを防止する目的で使用されます。治療中に目をこすったり、触ったりすると回復に時間がかかってしまいます。そのため、治療の回復をスムーズにおこなうため、あるいは症状が悪化してしまうことを予防するために一時的に使用します。

 

 

 

 

眼瞼炎を予防する方法

 

できる限り目のまわりを清潔にする

眼瞼炎の予防策としては、目のまわりをいつも清潔にしてあげることです。お散歩から帰ったとき、お外で遊んだときには目のまわりを清潔なタオルなどで拭いてあげるなどして衛生面に心配りしましょう。これで完全に予防できるとはいえませんが、ワンちゃんの目を確認してあげることが習慣となるため、眼瞼炎の早期発見にも役立ちます。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

 

眼瞼炎は、ごく初期の状態で発見することが難しいものです。ですが、理想は早期発見と早期治療です。日頃からワンちゃんの目の状態を確認してあげることが早期発見のためにも大切なことです。その意味ではオーナー様には普段からワンちゃんの衛生面に気を配っていただく必要があります。異常を感じたら、小さなことでも動物病院に相談してみましょう。

 

 

 

※参考文献

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*林良博(監):イラストでみる犬学 (KS農学専門書). 講談社. 2000

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031
●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●
アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.