東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気 角膜腫瘍

●角膜潰瘍●

角膜潰瘍とは?

角膜潰瘍とは目の表面が傷ついてしまった状態のこと!

「角膜潰瘍(かくまくかいよう)」はワンちゃんの目の病気のなかでも比較的良く出会うものです。お散歩中に目にゴミが入ったり、お部屋でちょっと元気に遊びすぎたて目をぶつけてしまったり、といったことで目の表面を傷つけてしまったときにおこります。目を痛そうにしたり、目が白っぽく濁ったり、ときに赤く充血することもあるので、びっくりして来院されるオーナー様も少なくありません。今回は、ワンちゃんの目の病気としては主要な病気ともいえる角膜潰瘍についてみていきましょう。

角膜潰瘍という状態について詳しく

角膜潰瘍は、その名前のとおり「角膜」という場所に「潰瘍」がおこるものです。2つの言葉は良く知られていますが、ぼんやりとしたイメージできない人もいると思います。角膜潰瘍になったとき、ワンちゃんの目ではどんなことがおこっているのかを簡単にみておきます。

角膜というのは、目のもっとも表面をカバーする粘膜のことです。目の保護をする役割があります。黒目の一番外側にある組織といえば分かりやすいでしょう。そして潰瘍ですが、潰瘍は胃潰瘍や十二指腸潰瘍などありますので私たち人間にとっても馴染みのある名称です。潰瘍は簡単にいってしまえば、深い傷になってしまったもののこと。ちょっとした傷なら皮膚の表面だけですみますが、潰瘍となると皮膚のやや深いところまで傷が進行して、そこが炎症をおこしているので、液がしみ出たり、色が変色したり、つよい痛みがでる状態をいいます。

 

おこりやすいワンちゃんの種類

ワンちゃんによって、「ある病気にかかりやすい」ということが統計的にいわれることがあります。多くは遺伝などの体質も関係しています。角膜潰瘍にもなりやすいワンちゃんがいます。ただこれは体質というよりも目が大きさが影響しているようです。目が大きいとそれだけ傷つけてしまうリスクが高いということです。そんなワンちゃんとして以下のような種類があります。

  • コッカー・スパニエル
  • ブルドッグ
  • ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア
  • シーズー

 

 

 

 

角膜潰瘍の症状


とにかく症状は『目』に出る

角膜潰瘍の症状は、ほとんどが目に集中します。これが全身の病気に進行するといったことはほとんどありません。ただ目の症状はさまざまです。

  • 強い痛み、かゆみなどで目をこする仕草をする
  • まばたきが多くなる
  • 目を壁、あるいは床に擦り付ける仕草をする
  • 角膜が白っぽくなる
  • 目が赤く充血する
  • 涙が多くなる

代表的な症状として、このようなものがあります。このような症状がみられたら早い段階で病院に行くようにしましょう。傷口が広がって深くなると、視力も落ちてきますし、角膜に穴が空き、失明する可能性もあります。また傷口はもろくなっているので、そこから細菌感染などをおこしてしまうと、治療がとても難しいものとなるケースもあります。

 

 

 

 

角膜潰瘍の検査

 

スリットランプ検査

スリットランプ検査は聞き慣れない名前かもしれませんが、人間の目の検査をするときにも使われます。ライト付きの顕微鏡のような器具を使って目の状態を確認するものです。スリットランプ検査は、目の検査ではとても有効なものです。目を立体的に観察することができ、眼の奥行きも測定できます。

 

フルオレセイン染色

フルオレセイン染色というもの人間の目の検査で用いられるもので、ドライアイのある人などでも良く使用される検査方法です。これはフルオレセインという液体色素を点眼して角膜の状態を調べるというものです。角膜に傷があったりするとそこに絵行きたい色素がたまります。これをすることで、傷の広さや深さ、さらに潰瘍が進行して穴があいていなかといった病気の進行具合をみることができます。

 

 

 

 

角膜潰瘍の治療

 

目薬を使った内科治療

角膜潰瘍の治療は、基本的には目薬を使った治療となります。症状などにあわせて、ヒアルロン酸、抗コラゲナーゼ、抗菌薬、ステロイドといったいくつかの種類のなかから選択して治療薬を決めます。治療期間中に目をかいたりしないようにエリザベスカラーを装着することもあります。また、必要に応じて角膜をまもるためのコンタクトレンズを装着することもあります。目薬の頻度は1日1~2回で十分なこともあれば、重度の場合は時間に1回以上など回数が増えることもありますので、担当の獣医の処方をきちんとまもって点眼するようにしましょう。

 

傷が深ければ手術もある

傷が深ければ目薬だけで対応できないこともあります。手術を優先させなければ失明のリスクなどが高いときには、外科的な対応をしなければなりません。手術には角膜を除去する手術、人工レンズの装着する手術などがあり、なかには高度な技術や器具が必要となるため一般の病院では治療できず、大学病院などに依頼するケースも出てきます。

 

 

 

 

角膜潰瘍を予防する方法

予防としての目薬を活用する

定期検診を受けているワンちゃんであれば、ドライアイなどを指摘されることもあります。角膜潰瘍はいつどこでおこるかわかりません。ただ目が乾燥しやすいワンちゃんは高いリスクがあります。予防として点眼薬を活用するのも方法です。

 

早めの受診を心がける

あれ、目がおかしいな?と感じたら早めに受診するようにしましょう。放置期間が長ければ長いほど症状が進む可能性があります。逆に早期であれば目薬などによって、十分治癒が期待できます。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

進行すれば治療費用も高くなります

角膜潰瘍は、早めのうちに対応できれば難しい治療をしなくても治ることが期待できます。ただ一旦進行してしまうと、目というデリケートな場所だけに治療が難しくなってしまいます。専門性の高い大学病院などへ依頼しなければいけないこともあります。そうなると治療期間も長引き、費用もかかるのでワンちゃんにとってもオーナー様にとっても大きな負担となることが心配されます。そうならないためにも、少しでも目の違和感や仕草をみつけたら早期に受診するようにしましょう。

 

 

 

※参考文献

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*林良博(監):イラストでみる犬学 (KS農学専門書). 講談社. 2000

*寺門邦彦:角膜潰瘍の治療 (特集 犬の角膜潰瘍), J-vet : jounral for veterinary practitioner 29(6), 26-36, 2016

*上岡尚民他:犬の融解性角膜潰瘍 24 症例, 広島県獣医学会雑誌 No 28(2013)

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031
●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●
アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.