東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気 尿道炎

●尿道炎●

尿道炎とは?

尿道炎とはオシッコの通り道が炎症をおこす病気のこと!

尿道炎(にょうどうえん)という病気は、オシッコの通り道である「尿道」が炎症をおこしてしまう状態のことです。オシッコは老廃物の排泄をおこなうほか、水分・塩分などを調整をするはたらきがあります。腎臓でつくられたオシッコは膀胱(ぼうこう)に溜められます。そして尿道を通ってからだの外に出るという仕組みになっています。

 

原因は細菌。メスのワンちゃんに多い

尿道炎の原因の多くは細菌の感染です。もともと尿道は内側を粘膜で覆われていて、健康な状態であっても細菌が存在します。そのため、ある程度は細菌に対してもつよい構造になっています。しかし、何らかのストレスでからだの抵抗力がよわくなっていたり、病気などで体力がなくなっていたりすると細菌に対しての免疫も低下し感染症をおこしてしまうことがあるのです。どんな種類のワンちゃんであっても尿道炎をおこす可能性があります。ですがオスとメスを比べると、メスのワンちゃんの発症が多いといわれています。

 

オスのワンちゃんには前立腺という臓器があります。これは膀胱の下についている生殖器のひとつ。精子をつくったり、排尿するときの補助としての役割をもっているオス特有の臓器です。この前立腺が細菌に対しての防御の役割をしているため、オスのワンちゃんの方が尿道炎になりにくいと考えられています。また、メスのワンちゃんは尿道が短いこと、オシッコをするときに陰部と地面がくっつくのでバイ菌が侵入しやすいということも原因とされます。

 

 

 

 

尿道炎の症状

 

排尿、オシッコの性質に変化がみられる

オシッコの通り道である尿道が炎症をおこす病気であることから、症状は排尿やオシッコの性質の異常が中心となります。尿道の内側の粘膜が炎症して傷ついているので、オシッコをするときに痛がったり、1回のオシッコの量が減ったりします。オシッコをしようとしているのに出ない、あるいは少ししか出ない、オシッコの頻度が多いというのが典型的な症状だといえます。尿道に違和感を感じるため、陰部を舐めたりする仕草がみられるようになります。またオシッコそのものにも変化がみられ、いつもよりオシッコが濃い、血液が尿に混ざった血尿(淡いピンク色〜赤っぽい)を出したり、オシッコの匂いがいつもよりきついなどの変化がみられることも多くみられます。

 

食欲がない、元気がない

尿が出せないと老廃物が体内に溜まってしまうため、食欲が落ちて元気がなくなったり、発熱したりすることもあります。普段は元気にお散歩したり、オーナー様と遊んだりしているワンちゃんが急に散歩を嫌がったり、疲れた様子をみせることも少なくありません。こういったことがきっかけで受診につながるケースもあります。

 

ひどくなるとオシッコが出なくなることも

オシッコが出ないというのはワンちゃんのからだにとって危険な状態です。尿道炎は発見が遅れたり、放置したまま慢性的になってしまうこともあります。炎症が長くつづくと、内側の粘膜が厚くなったり、柔軟性を失って硬くなりオシッコがスムーズに流れなくなります。そのため、ますます排尿が難しくなってしまうこともあるのです。オシッコが出せないと毒素がからだにたまり、尿毒症という状態となり全身状態がわるくなってしまうことにもなりかねません。

 

 

 

 

尿道炎の検査

 

尿検査

尿検査はオシッコの性質をみる検査です。炎症をおこしていたり、血尿などの異常がないかなどをみます。尿道炎ではオシッコの性質に変化がみられることが多いため、大切な検査のひとつとなります。

 

画像検査

尿道炎では細菌が原因となっていることも多いですが、カルシウムなどによってオシッコに石ができることが原因となることがあります。画像検査ではそのような石がないかをみるために行います。レントゲンや超音波などの専用機器を使って調べます。

 

 

 

 

尿道炎の治療

薬による治療

尿道炎だとわかったら、基本は薬による治療が検討されます。感染症が原因であれば、細菌をやっつけるような「抗生物質」といわれる薬、あるいは炎症を鎮める消炎剤などを与えることで症状の改善がみられます。

 

手術となることも

尿道炎の原因に石があったり、腫瘍(はれもの)などがあればそれを取り除く手術が必要となることもあります。ただ通常の尿道炎であれば外科的な治療よりも薬などを使っておこなうのが中心となります。

 

早期なら食事療法でも治療ができる

尿道炎はくり返してしまうことも少なくありません。そんなワンちゃんには食事などを見直すことも検討されます。動物病院では、病気などに合わせたフードのアドバイスも行なっています。食事も大切な治療の一環というわけです。

 

 

 

 

尿道炎を予防する方法

『清潔』を心がけてあげる

尿道炎を完全に防ぐというのは難しいですが、細菌に感染することが原因となることが多いので、普段から衛生面には注意してあげるようにしましょう。散歩から帰ってきたら陰部を吹いてあげる、不衛生な場所を避けてお散歩するといったことを心がけることも大切です。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

 

膀胱や尿道など、排尿に関わる臓器の感染は多いものです。普段から清潔に心配りしてあげること、オシッコの性質に変化があれば早めに受診するといったことを心がけるようにしましょう。また食事に気をつけるのもひとつの予防対策になります。フードのアドバイスは多くの動物病院で行なっています。かかりつけの獣医に相談してみるのも良いでしょう。

 

 

 

※参考文献

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*林良博(監):イラストでみる犬学 (KS農学専門書). 講談社. 2000

*由里和世他:犬および猫の尿路感染症由来菌の薬剤感受性, Journal of the Japan Veterinary Medical Association 49(7), p449-453,1996

*佐藤れえ子他:泌尿器疾患犬における尿中N-acetyl-β-D-glncosaminidase測定の臨床的意義, The journal of veterinary medical science 64(4), s・v, p361-365,2002

*鳥取大学農学部・犬と猫における尿路感染症の治療のための抗菌剤使用ガイドライン(http://vth-tottori-u.jp/wp-content/uploads/2014/11/topics.30.pdf 2016年10月閲覧)

*東京大学獣医臨床病理学研究室・犬と猫の内分泌疾患ハンドブック(http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/vcpb/endo-dx.pdf 2016年10月閲覧)

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031 ●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.