東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気 毛包虫症

●毛包虫症●

毛包虫症とは?

毛包虫症とはダニによっておこる皮膚病のこと!

「毛包虫症(もうほうちゅうしょう)」という病気は聞きなれないオーナー様も多いのではないでしょうか。一見名前は難しそうですが、決して珍しい病気というものではありません。皮膚の感染症のひとつで、皮膚の病気に特徴的なかゆみ、ブツブツ、赤くなるといった症状がみられます。元気なワンちゃん、体力があるワンちゃんであれば自然回復することもあります。ただなかには治りがわるく、生涯にわたって治療をしなければいけないケースもみられます。

 

原因はダニ。感染理由はいろいろ

毛包虫症は、ニキビダニというダニによっておこります。このダニがワンちゃんの毛穴や皮脂腺(皮脂を分泌するところ)に住み着くと、からだが炎症反応をおこしてしまうのです。感染経路には不明な点も多いといわれていますが、生まれたときに母親から感染ることがあるというのが確認されています。ミルクを飲んだりするときに、密接に接触するため、それが感染経路になっていると考えられています。ただ母親のワンちゃんがニキビダニをもっているからといって感染するとはかぎりません。感染するのは子どものワンちゃんにも何らかの要因があるといわれています。体力や免疫力の問題、あるいは遺伝といったことがその要因とされています。

 

毛包虫症になりやすいワンちゃんに注意

毛包虫症をおこしやすいといわれるワンちゃんの種類があります。この種のワンちゃんだからといって必ずしも毛包虫症になるのではありません。また感染したとしても病気を発症しないワンちゃんもいます。あくまで目安と考えておくのが良いです。ただ、こういった種類のワンちゃんのオーナー様は、毛包虫症の可能性を心得ておくことで、早期の発見や早期の治療につなげることが期待できます。毛包虫症になりやすいと確認されているワンちゃんの種類は

 

  • シャーペイ
  • ウェスト・ハイランド・ホワイトテリア
  • スコティッシュテリア
  • ブルドッグ
  • ボストンテリア
  • グレートデン
  • ワイマラナー
  • エアデールテリア
  • アフガンハウンド

 

といったワンちゃんたちです。

 

 

 

毛包虫症の症状

症状は目や口のまわり、足などに頻発する

毛包虫症は皮膚症状が中心となります。その症状がみられやすいのが、目や口、足(とくに前足)などです。こういった場所から症状がみられはじめることが多いです。症状が進行するに従って、首、お腹や背中といった全身に影響が及んできます。

 

脱毛やブツブツなどの皮膚症状

具体的な皮膚の症状としては、皮膚の赤み、ただれ、ブツブツといったものになります。ブツブツがニキビのようにやや多くなり、膿がたまった状態になることもあります。また脱毛の症状は初期のうちからみられることもあり、かゆがったりするようなことがないワンちゃんであっても脱毛がみられるケースがあります。脱毛はニキビダニが増えてしまい、毛根がダメージを受けることによって生じる症状です。

 

皮膚だけにおさまらない二次感染

毛包虫症で注意しておきたいのは二次感染です。ただでさえダメージを受けてしまっている皮膚はとてもデリケート。そこにかゆみがあると、かいてしまい皮膚はさらに傷ついてしまいます。そこから別の細菌などが感染する二次感染がおこることもあります。こうなるとますます皮膚はよわくなります。この状態が長くつづけば全身状態にも影響が出てしまい、血液などに細菌が入ってしまうと血液自体が感染してしまい命を脅かすことにもなりかねません。

 

 

 

毛包虫症の検査

 

主な検査は診察と顕微鏡

毛包虫症の検査は、獣医による診察と顕微鏡を使ってニキビダニを確認することが主な検査項目となります。皮膚の状態を直接観察すること、そして症状が出ている患部の皮膚をほんの少し削り取って顕微鏡でニキビダニを確認します。顕微鏡による観察は、進行した毛包虫症では比較的確認しやすいですが、ごく初期のうちでは確認が難しいこともあります。

 

 

 

毛包虫症の治療

 

薬による治療が一般的

皮膚病の治療の多くは薬を使って行います。ニキビダニに対して効果のある薬を服用したり、あるいは薬を混ぜたお湯に患部を浸す薬浴などを行うこともあります。こういった薬の治療を行うのが一般的な治療法となります。ただワンちゃんによっては治療の経過がスムーズに行かないケースもあります。とくに成犬で毛包虫症を発症したときには治りが良くないといわれています。再発することも多く、こういったケースでは根気よく治療をつづけていくことが必要となります。

 

なかには自然に回復するワンちゃんも

症状が特定の部位だけに限定されていたり、軽いものであれば自然に回復していくこともあります。ただ症状の状態は獣医に相談しながら継続的に診察することが大切です。自然経過する場合も1か月〜2か月くらいはかかることが多いです。単に放置しておくのではなく、あくまで動物病院での管理を継続する点には注意しておきましょう。

 

 

 

毛包虫症を予防する方法

 

おすすめは定期検診

毛包虫症を発症してしまって受診にくるワンちゃん。症状が進んでしまっているケースは少なくありません。早期に発見して治療できれば辛い思いをしなくて済みます。特別な予防薬などがないので、予防法としておすすめできるのは定期的な健康診断ということになります。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

毛包虫症は早期発見と早期治療でスムーズな回復が期待できます。その一方で発見が遅れたりすれば、ワンちゃんにとってもオーナー様にとっても長い治療期間を必要として負担となってしまいます。日頃からワンちゃんの状態をよくみてあげて、異常があったり心配があれば、すぐに獣医に相談してみましょう。

 

 

 

※参考文献

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*門屋美知代他:犬の汎発性毛包虫症15例における併発症に関する検討, 獣医臨床皮膚科 10(1), p1-4

*石川幸子他:犬の毛包虫症および疥癬に対するミルベマイシンオキシムの効果, 日本獣医師会雑誌 48(8), p581-584

*佐藤正勝他:全身性犬毛包虫症 (Demodecosis) に対するイベルメクチン, アミトラズの反復併用例, 獣医皮膚科臨床, Vol.2, No. 1, p7-9

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031 ●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.