東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気 急性大腸炎

●急性大腸炎●

急性大腸炎とは?

急性大腸炎とは大腸におこる炎症のこと!

大腸は消化器のなかでも代表的な臓器のひとつです。腸には小腸と大腸があります。小腸は栄養分の吸収がおもなはたらき。それに対して大腸は水分の吸収や分泌をおこなっていて、水分調整に大切なはたらきをしている臓器になります。腸内の水分バランスを一定に保つのが主な役割です。そんな大腸に炎症がおこってしまうのが大腸炎。大腸炎がおこれば、水分調節がうまくできずに下痢をしたりしてしまいます。大腸炎には突然おこる急性大腸炎と長期にわたって症状がつづく慢性的な大腸炎などがあります。

 

原因は感染が多いけれど、さまざま

急性大腸炎の原因にはさまざまなものがあります。たとえば脂肪分の多い食事、ストレス、アレルギーなどによってもおこります。ただ原因のなかで比較的多いのが感染です。細菌、ウイルス、寄生虫といった外敵がからだのなかに侵入してしまい、大腸の粘膜を傷つけたり、はたらきを低下させてしまうのです。大腸のはたらきは水分の調節。これがうまくできなくなれば、当然下痢をおこしたり、逆に便が出せなかったり、あるいは吐いてしまうこともおこってしまいます。

 

 

 

急性大腸炎の症状

排便の症状が目立つ

急性大腸炎にしても、慢性の大腸炎にしても、大腸の問題でみられるのは排便のトラブルです。なんといっても多いのは「下痢」です。便の回数が増える、ネバネバとした便(いつもとちがう)、ときに血液がまざった血便、また便をしようとしてもうまく出せないといった症状がみられます。

 

食欲の低下や栄養不良になることも

下痢以外にも吐くことをくり返すなどもみられます。下痢・吐くをくり返すと、当然体力も落ちますし、食欲も低下してきます。そのため元気もなくなってきます。消化・吸収が十分ではないので、たとえ食べられたとしても体重が落ちて痩せてしまうことも少なくありません。そのほかにも腹部がふくれていたり、口臭などがつよくなるといったこともおこることがありますので、心がけてみてあげるようにしましょう。

 

 

 

急性大腸炎の検査

 

血液や便の検査

ワンちゃんの大腸炎がどうしておこっているのか、それを調べるためには血液、便、尿の値などをみたり、状態をみたりします。細菌、ウイルス、寄生虫などに感染していないかをみるためにも必要な検査です。また下痢はいろいろな病気でもおこる症状であるため、下痢=大腸炎と判断することはできません。そのほかの病気によっておこっていないかといったことも踏まえて検査をおこなう必要があります。

 

レントゲンや内視鏡検査

血液や便、尿といった体液や排泄物の検査に加えて、画像検査をすることもあります。腸内の状態をみることで、なぜ症状がでているのかといったことをしっかりと把握することが必要だからです。画像検査ではレントゲンなどの写真撮影があるほか、内視鏡を使った検査もあります。内視鏡というのは、先端に小型カメラがついたチューブ状の医療検査機器です。最近ではこの内視鏡を使った手術などもおこなわれるようになってきていまいます。ワンちゃんのお尻から直接カメラ付きのチューブをいれて腸のなかを映し、それをモニターを通して観察します。

 

 

 

急性大腸炎の治療

 

場合によっては飲食を控えることも必要

食べる・飲むといった行為は体力が落ちているワンちゃんにとって必要です。ですが、飲食は腸への負担が大きい行為でもあります。そのため、場合によっては絶食・絶水といった処置をとることもあります。これによって大腸の負担を減らしてあげようというものです。もちろん長くやるのではなく一時的な対応です。一般には半日から1日程度の時間おこないます。

 

症状に合わせた治療

根本的な治療ではありませんが、とりあえず苦しんでいる症状を和らげてあげようという目的で、症状にあわせた処置をとることもあります。いわゆる対症療法というものです。下痢がひどいならば下痢止め、整腸剤などを処方します。また水分の摂取ができずに、脱水の心配などがあれば点滴などを使って水分を補給してあげる処置をとることもあります。

 

原因がわかればその治療を

症状をおこしている原因がはっきりとしていれば、それに対する治療をおこないます。たとえば感染症などは比較的おこりやすいものです。それに対しては抗菌薬といって細菌をやっつける薬、寄生虫であれば駆虫薬などを使用して治療します。抗菌薬で対応できるものであれば、多くは4日〜5日程度で症状が落ちついてくることが多いです。ただそれ以外にも下痢などをおこす病気があります。また食品アレルギーといった可能性もありますので、そういったときには原因に対しての対応が必要となります。

 

 

 

急性大腸炎を予防する方法

日頃からのオーナー様との関わりを大切に

大腸のトラブルを未然に防ぐことは簡単ではありません。ですが、消化器系の病気はとてもデリケートはワンちゃんほどおこりやすいということもいわれます。そういったワンちゃんはできるだけストレスをかけないようにしてあげましょう。室内の温度管理が寒すぎないようにする、一緒によく遊んであげる、からだをなでてあげる、不衛生な環境に放置しないといったことを大切にしてあげるようにしましょう。

 

食事の管理をしっかりと

たとえば胃腸のはたらき、粘膜の保護などにはビタミンAやビタミンUといった栄養素が必要です。また食物繊維も腸内環境を整えるためには不足したくないもの。消化器系の病気にとって食事との関わりは深いですから、日頃から食べものへの心配りを忘れないようにしてあげてください。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

 

便は健康のバロメーター

大切なワンちゃんが日々元気に生活できているか。それをみるためのバロメーターのひとつが便です。便の状態はいつもと同じか、色や性状にかわったことがないかなどをみてあげてください。下痢はちょっとしたストレスなどでもおこることがありますから、1度下痢をしたからといって過剰に心配することはありませんが、放置はよくありません。翌日になっても改善がみられないとき、あるいはワンちゃんが辛そうにしているのであれば、お近くの動物病院に相談するようにしましょう。

 

 

 

 

※参考文献

*東京農工大学・獣医内科学研究室・犬の炎症性腸疾患に関する研究(http://www.tuat-amc.org/laboratory/research02.php 2016/8/5閲覧)

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*林良博(監):イラストでみる犬学 (KS農学専門書). 講談社. 2000

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031 ●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.