東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気  アトピー性皮膚炎

●アトピー性皮膚炎●

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎とは皮膚におこるアレルギーのこと!

「アトピー性皮膚炎」。人にもみられる病気で、比較的よく知られているかと思います。ワンちゃんにおいてもよくみられる病気のひとつといえます。ワンちゃん全体の約10%にアトピー性皮膚炎がみられるという報告もあるほどです。10匹のワンちゃんがいれば1匹はアトピー性皮膚炎と考えるとかなり多いということがわかります。

 

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が低下している状態

健康なワンちゃんの皮膚には角質(かくしつ)とよばれるものや皮脂(ひし)とよばれる油分などがあって、からだの水分が蒸発しすぎないように調節したり、外の外敵がからだのなかに侵入しないように防御するはたらきなどがあります。これは皮膚のバリア機能ともいわれています。アトピー性皮膚炎のワンちゃんでは、この皮膚のバリア機能が低下しています。皮膚が適度な水分を保持できず、しかも外敵が侵入しやすい状態です。そんな皮膚は炎症などをおこしやすくなります。このように、アトピー性皮膚炎はバリア機能がこわれている状態ということができます。

 

原因には遺伝が関係している

アトピー性皮膚炎は遺伝との原因がつよいと考えられています。遺伝的にアトピー性皮膚炎になりやすいワンちゃんが、空気中にある花粉やハウスダストやカビ(真菌)などのアレルギーの原因物質を吸い込み、それらに体内の免疫が過剰にはたらくというメカニズム。つまりアレルギーが原因でおこります。アレルギーは免疫に関わる細胞がおこす反応です。免疫は本来であればからだをまもる大切な機能です。ですがときに過剰にはたらくことがあります。これがアレルギーとよばれるものです。

 

アトピー性皮膚炎をおこしやすい犬種がいる

ワンちゃんによってはアトピー性皮膚炎をおこしやすいといわれる犬種があります。その犬種を以下に記載します。

 

  • 柴犬
  • シーズー
  • ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • ゴールデン・レトリバー
  • ラブラドール・レトリバー
  • ミニチュア・ダックスフント
  • フレンチ・ブルドック
  • ビーグル
  • トイ・プードル

 

といったワンちゃんたちです。こういったワンちゃんにはアトピー性皮膚炎がみられやすいといわれています。

 

 

 

アトピー性皮膚炎の症状

 

症状がみられやすい場所がある

アトピー性皮膚炎には症状がみられやすい部位があります。症状の好発部位といわれたりします。好発部位は以下のとおりです。

 

  • 指の間
  • 手くび・足くびのまわり
  • 目のまわり
  • 結膜(けつまく):白目とまぶたのうらにある粘膜のこと
  • わきの下
  • 足の付け根
  • お腹の下のあたり
  • 肛門のまわり

 

皮膚のつよいかゆみ・ただれ

アトピー性皮膚炎のおもな症状は「激しいかゆみ」です。かゆみのある部位をひっかいたり、こすりつけたり、なめるなどの仕草をします。症状がながくつづくと、膿皮症(のうひしょう)といって、皮膚に赤いできものができたり、かさぶたができるといったことがおこります。また患部が脱毛してしまうこともあります。

 

 

 

アトピー性皮膚炎の診断基準

 

獣医による診察

アトピー性皮膚炎の診断には、獣医による診察が重要となります。これはオーナー様と一緒にワンちゃんの生活の状況や病歴、お家ではどんな症状がみられているかなどを伺っていくことです。手順としては

 

1. まずはアトピー性皮膚炎以外の皮膚病などがないことを確認します。

2. 皮膚のかゆみが犬のアトピー性皮膚炎の症状などにに一致するのかどうかをみていきます。

 

これらの2つの項目がクリアされると犬のアトピー性皮膚炎と診断することができます。食べもののアレルギーがないかなどを知るために補助的に血液検査をすることもありますが、血液検査はアトピー性皮膚炎を確定する検査とはちがいます。アトピー性皮膚炎の診断は獣医による直接の診察がポイントになります。

 

血液検査など

血液の検査をすることで、アレルギーをおこしているかどうかをみることができます。また、皮膚に直接アレルギーの原因と考えられるものから得られた成分を注射して、その反応によってアレルギーの原因を調べるという検査もあります。ただし、これらの検査はあくまで「アレルギーの原因物質を予想する検査」です。「アトピー性皮膚炎によるものかどうかを判定する検査」ではありません。

 

 

 

アトピー性皮膚炎の治療

薬による治療

アトピー性皮膚炎の特効薬というものはありませんが、薬で症状を和らげることができます。ステロイドなどの塗り薬、炎症をおさえる薬などをつかうことで、激しいかゆみをやわげたり、皮膚の状態を改善させることができます。アレルギーをおさえる効果があるといわれる抗ヒスタミン剤あるいは抗アレルギー剤といった薬を使用することもあります。

 

シャンプーなどをつかったスキンケア

アトピー性皮膚炎では皮膚を清潔に保つことが大切になります。シャンプーやリンスをつかって、清潔にすることを心がけます。シャンプーなどの洗浄によって、皮膚の油分などがとられてバリア機能が低下しますので、できるだけ皮膚に水分を与え保湿の効果があるといわれるシャンプーなどを利用するのもポイントになります。

 

減感作療法(げんかんさりょうほう)

減感作療法とは、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を特定し、それをからだのなかに少しずつ注射していく治療法になります。からだを少しずつ原因物質(アレルゲン)に対して慣れさせ、過剰なアレルギー反応をおこさない体質に変えていくというものです。アトピー性皮膚炎の治療はほとんどが症状をおさえる治療が多いですが、この減感作療法は体質を改善していくことで病気を治そうとする治療法です。特殊な検査も必要で治療も数回にわたって継続しておこなう必要があります。そのため費用も高額になることがあります。

 

 

 

アトピー性皮膚炎を予防する方法

生活環境を清潔に獣医との協力が必要

アトピー性皮膚炎を確実に予防することは難しいと考えれています。できることは、生活環境を清潔に保つことです。皮膚炎などの症状がみられる場合には、かかりつけの動物病院で早めの対応を心がけましょう。

 

ドッグフードは改善策になる?

食べものによってアトピー性皮膚炎が改善できるとする意見もあります。この点は難しいです。効果がえられることもあれば、そうでないことも。効果がありそうであれば、つづけてみることはわるいことではありません。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

 

アトピー性皮膚炎はみんなで一緒にみていく

アトピー性皮膚炎は遺伝が関係している難しい病気であるといえます。そのため、ワンちゃん、オーナー様、担当の獣医が協力して付き合っていく必要があります。大切なのは症状がひどくならないように管理すること、そして症状がみられたときは早く対応してあげる。そういった処置をきちんとおこなえば、アトピー性皮膚炎の症状をおさえて、できるかぎりワンちゃんが快適に過ごせるようにサポートすることも可能です。

 

 

 

 

※参考文献

*山崎正利、玉口宏、福崎仙三、鈴木隆之(著):ペットのがん・アトピー・難病は腸から治す! (一歩先の医学シリーズ). CVA出版企画. 2012

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*MPアグロ株式会社・ 犬のアトピー性皮膚炎の治療と管理について(東京農工大学 大学院農学研究院 動物生命科学部門 岩﨑利郎)(http://www.mpagro.co.jp/members/ca_kiji/hifu2_201207.pdf 2016年7月閲覧)

*東京農工大学獣医内科学研究室・犬猫の病気・皮膚病(http://www.tuat-amc.org/laboratory/illness01.php 2016年7月閲覧)

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031 ●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.