東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気  結膜炎

●結膜炎●

結膜炎とは?

結膜炎とは目とまぶたのうらの粘膜の炎症のこと!

目の白い部分(いわゆる白目)からまぶたのうら側にかけて粘膜があります。この粘膜を「結膜」といいます。ワンちゃんの場合は黒目が大きく白目がみえにくいこともありますが、結膜炎はワンちゃんにおこる目のトラブルのなかでも上位になるほどおこりやすい病気です。

 

シャンプーや病気など原因はさまざま

結膜炎の原因はさまざまです。おもな原因としては以下のようなものがあります。

 

■異物が目に入っておこるもの

目のなかに、シャンプーや化学薬品、ゴミ、花粉といったものが入ってしまい、それが結膜を傷つけたりすることで炎症反応がおこるものです。こういった異物に対してアレルギー反応として結膜炎がおこることもあります。

 

■目の感染によるもの

ウイルスや細菌などに感染することで結膜炎がおこることもあります。代表的なものには、犬ジステンパーウイルス、レプトスピラなどの細菌があります。

 

■病気が原因でおこるもの

持病などもともとワンちゃんが持っている病気の症状として結膜炎が発症することがあります。代表的な病気には、アトピー性皮ふ炎、ドライアイ、流涙症(りゅうるいしょう)といって涙がたくさん分泌される病気、目の圧が高くなる緑内障(りょくないしょう)などがあります。

 

こうしてみるだけでも結膜炎の原因がたくさんあることがわかります。原因の可能性の簡単なみわけ方ですが、結膜炎が片方の目にだけみられるときには異物などの刺激が原因になっている可能性があります。逆に両目にみられるときはアレルギーや感染症などがおこっている可能性があります。きちんと診断する必要がありますが、ひとつの見分け方として参考になると思います。

 

原因によっては人にうつることもある

オーナー様が注意しなければいけないのは、結膜炎は原因によっては人にうつる可能性があるということです。シャンプーやゴミなどが入っておこっている場合やアレルギーなどによっておこっている場合にはうつりません。しかしレプトスピラなどの細菌は、人と動物に共通の感染症なので、人間にもうつる可能性があります。めったにないとはいわれますが、念には念を。とくに小さな子どもさんがいるご家庭でワンちゃんと生活しているときなどには注意してあげてください。ワンちゃんと遊んだりしたあとには手を洗ってあげるといった対応をしておくと安心です。

 

 

 

結膜炎の症状

 

目のかゆみ

結膜炎になると目をかゆがっている様子がみられます。前足で目をこすろうとしたり、床や壁、テーブルの脚などに目をこすりつけるような仕草がみられるようになります。

 

白目の充血や目やに

結膜炎では白目の部分が充血して赤くなります。ただワンちゃんはちょっとみただけでは、白目がみえにくいので少しみたくらいでは確認ができないこともあります。上まぶたを少し強引に押し上げるか、「あっかんべー」をするように下まぶたをつよく押し下げてみる必要があります。このときに目を傷つけないようにくれぐれも注意してください。

 

目の腫れや涙の量がふえる

結膜が炎症しているので、涙の量がふえます。目がうるんだようになったり、涙があふれているときもあります。また、普段より目やにが多くなるというもの特徴のひとつと考えることができます。

 

 

 

結膜炎の検査

結膜炎かどうかは診察でわかる

オーナー様からワンちゃんの状態などを伺って、目の観察をすることでほぼ結膜炎かどうかは診断ができます。どこの動物病院でも、おそらく獣医の診察によって判断されることがほとんどでしょう。

 

細菌の検査

結膜炎の原因には感染を疑う必要があります。とくに先ほどご紹介したウイルスや細菌などの感染は原因を特定するために細菌がいるかどうかの検査をすることもあります。

 

 

 

結膜炎の治療

 

目薬や軟膏をつかったお薬治療

治療は目薬をつかった治療が一般的です。原因によって、炎症をおさえる成分を含んだ目薬、抗生物質など細菌を除去する成分を含んだ目薬を使って治療します。また動物病院によっては、軟こうなどの塗り薬をしようすることもあるでしょう。

 

洗浄で目をきれいにする

目の清潔をたもつために目の周辺を洗います。リンゲル液や精製水といったものを使って、原因となっているものを取り除くためにおこないます。目薬などの前におこなうもので、結膜炎と判断できれば、まずおこなう処置となります。

 

トリミングで目のまわりを清潔にする

トリミングはワンちゃんのヘアカットのことです。最近はトリミングを専門にしているお店もありますが、動物病院でもトリミングをおこなっていることろが多いです。トリミングはいっけんファッション感覚のように思われるかもしれませんが、ダニやノミの予防、熱中症の予防、被毛を衛生的に保つといった目的で医学的にも必要性が高いと考えられています。目のまわりの被毛が眼に入って炎症を引きおこしているときもありますから、そんなときは眼のまわりにある無駄毛をきれいにカットすることもあります。

 

カラーをつかって対応することもある

どうしても目をこすってしまうときには、こするのを防ぐためにワンちゃんのくびにカラーをつけます。あくまで結膜炎がおさまるまでの一時的な対応となります。ちなみにこのカラーは、一般にエリザベスカラーともいわれています。

 

自己判断で人間用の目薬の使用はNG

結膜炎は人にもおこる病気ですし、ドラッグストアでは結膜炎用の目薬が市販されています。ただ人間用の目薬はワンちゃんには成分がつよすぎりものが多いので、自己判断で人間用目薬をつかったりするのはおすすめできません。

 

 

 

結膜炎を予防する方法

 

目のまわりを清潔にしておく

ワンちゃんの種類によっては、毛の長い犬種がいます。目のまわりの毛が長いとどうしても目が炎症をおこしてしまうことがあります。普段からトリミングなどの対応をしておくことで結膜のダメージを予防することができます。

 

お散歩中は不用意に草むらなどにはいらない

お散歩中に不用意に草むらに飛び込んだり、土だらけになったり、不衛生な川で水遊びをしたりすると結膜炎をおこすことがありますので、お散歩中は注意してみてあげるようにしましょう。

 

犬種によってもおこりやすいワンちゃんがいる

ワンちゃんによっては、結膜炎になりやすいという犬種がいます。あくまで結膜炎で病院に運ばれるワンちゃんをみてみると、こういった犬種が多いですよというものですが、参考になると思いますので以下に記載しておきます。

 

  • ヨークシャー・テリア
  • キャバリア
  • シーズー
  • ミニチュア・シュナウザー
  • パグ
  • ブルドッグ
  • ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

 

といった犬種です。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

自己流でやるとかえって治療費が高くなることも

目の洗顔などをご自宅でされる方もいますが、目の粘膜はとてもデリケートです。水道水などでじゃぶじゃぶあらったりするとかえって症状が悪化することもあります。状態がわるくなると、それだけ治療にも時間がかかり結局は治療費が高くついてしまうことにもつながります。結膜炎は人にとっては身近なものかもしれません。でもワンちゃんは自己流のやり方をするのではなく、きちんと動物病院で処置を受けるようにしましょう。

 

 

 

 

※参考文献

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*片野修一, 宮賢次郎, 山我義則, 藤原範子, 森田剛仁, 島田章則:犬の乾性角結膜炎に対する自家製シクロスポリン点眼液の臨床評価, 日本獣医師会雑誌, 62巻, 10号, p.796~801

*片野修一, 宮賢次郎, 山我義則, 藤原範子, 森田剛仁, 島田章則:犬の乾性角結膜炎に対する自家製シクロスポリン点眼液の臨床評価, 日本獣医師会雑誌, 63巻, 2号, p.131~135

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031 ●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.