東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

犬の病気 僧帽弁閉鎖不全症

●僧帽弁閉鎖不全症●

僧帽弁閉鎖不全症とは?

僧帽弁閉鎖不全症とは心臓の血液が逆流する病気のこと!

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)。少し難しい名前ですが、これは心臓病のひとつです。心臓は筋肉でできていて、さらに上下を分ける筋肉の壁と左右を分ける筋肉の壁があって、4つの部屋に分かれています。僧帽弁とは心臓を上下にわける壁についているバルブのようなものです。ここを通って血液がスムーズに全身に送られています。しかし何らかの原因で僧帽弁がしっかりと閉じなくなれば、心臓の血液は順調に流れずに逆流してしまいます。逆流する分だけ全身に送られる血流が減ってしまいます。すると心臓は、もっとたくさんの血液を送ろうと頑張ってはたらくようになります。心臓は頑張り屋さんなので、しばらくの間であれば支障がなく過ごせます。しかし、いくら忍耐づよい心臓であっても、ずっと重労働していればいつかは疲れはててしまうのです。結果的に心臓のはたらきがわるくなり、からだの血液が不足することになります。運動ができなくなったり、からだの臓器に十分な栄養を届けることができなくなることもあります。血流がスムーズでないので、血が心臓にたまって心臓がパンパンにふくれてきます。

 

僧帽弁閉鎖不全症になりやすいワンちゃんは?

僧帽弁閉鎖不全症の原因は不明と考えられています。ただ僧帽弁閉鎖不全症になりやすいといわれるワンちゃんがいます。おもには小型犬で、とくに老齢になってくると病状がみられるようになることが多いといわれています。犬種でいうならば、

 

  • マルチーズ
  • ヨークシャーテリア
  • シーズー
  • チワワ
  • トイプードル
  • ポメラニアン
  • ミニチュアダックスフンド
  • キャバリア
  • パピヨン

 

こういったワンちゃんだからといって、かならずしも僧帽弁閉鎖不全症になるとはいい切れませんが、実際には多いようです。ペットとして人気の高い犬種だけに、動物病院に来る数が多いともいわれているので、このあたりは遺伝などの科学的根拠が解明されているのではありません。その点には注意しておきましょう。あくまで参考程度に考えておくのがよいでしょう。

 

 

 

僧帽弁閉鎖不全症の症状

 

症状は大きく4つのステージに分けてみていく

僧帽弁閉鎖不全症は、症状に合わせて治療が変わってくるため、病気の進行具合によって、4つのステージに分けて考えられることが多いです。

 

  • ステージ1
    症状がほとんどなく、定期的な健康診断で異常がみつかる場合がある段階です。

  • ステージ2
    症状はありませんが、レントゲンなどの画像検査をしてみると心臓が大きくなっているのが分かるレベルです。症状が進行すると、心臓全体が大きくなっているのが分かるようになります。

  • ステージ3
    症状がではじめ、散歩中に倒れることもあります。病気が進行しているサインとなる症状がみられはじめる段階です。

  • ステージ4
    1日を通して、咳などの症状がでたり、食欲もなくなってくる段階です。動こうとせず、息苦しい様子がみられたり、失神してしまうケースもあります。

 

 

乾いた咳がでる

僧帽弁閉鎖不全症でもっとも一般的な症状といわれるものが「咳(せき)症状」です。大きくなった心臓が気道を圧迫するためにおこると考えられています。夜から朝にかけてみられやすく、また散歩中などに興奮するとひどくなることもあります。

 

酸素不足で疲れやすい

心臓のはたらきがわるくなり、運動することが難しくなってきます。口のなかが酸欠で青紫色になったり、散歩をいやがったり、少し興奮したときなどに息切れがみられたりします。

 

放置すると肺に水が溜まる肺水腫になることも

血液の流れがスムーズでないため、血液が肺のなかにしみ出るようになります。肺に水がたまってしまった状態は、水に溺れているのとおなじです。この状態を肺水腫(はいすいしゅ)といいます。ひどく息切れしたり、歯ぐきが青紫色になるなど酸欠状態をみせます。重症の酸素不足をあらわす兆候といえます。

 

意識がもうろうとする

全身におくられる血液の量が不足することになり、当然ながら脳への血流の量も減ってしまいます。そのため、意識がもうろうとした様子がみられたり、失神してしまうこともあります。パタンと倒れることもあれば、バタバタとけいれんをおこしているようにみえることもあります。

 

 

 

僧帽弁閉鎖不全症の検査

獣医が直接状態をみる診察

獣医がワンちゃんのからだを直接みたり、触ったりする検査です。シンプルな検査ですが、僧帽弁閉鎖不全症では直接の診察がとても大切です。脈拍をみる、心臓の音を聞く、呼吸の数や呼吸の様子、口の粘膜の色をみたりすることで、おおよその病気の症状や進行具合が把握できます。

 

超音波やレントゲンなどの画像検査

一般的なレントゲン撮影をして心臓の大きさ、肺に水がたまっていないか、肺が炎症をおこしていないかなどをみることができます。また超音波検査は、画像というよりリアルタイムでみれる動画といった方が適切な検査です。心臓のうごき、僧帽弁のうごきなどをみることができます。診察でおおよその目安がついたら、からだの状態をより詳しくみるためには、こうした画像などの診断が欠かせません。

 

 

 

僧帽弁閉鎖不全症の治療

 

薬による治療を継続して

まずは、薬による治療方法を検討することが一般的です。心臓が頑張ろうと興奮してはたらいているのをおさえてあげる薬、一時的に心臓のはたらきを強めてあげる薬、あるいは尿の排泄を促して、からだの水分をとってあげる薬などを上手に使いながら様子をみていきます。状態にあわせて必要な薬を必要な量だけ服用することが大切です。自己判断で薬の使用をやめるのではなく、あくまでかかりつけの獣医と相談しながら継続していくことが大切です。

 

運動は指導を守って適切に

運動のしすぎは心臓につよい負担をかけてしまいます。しかし全く散歩などをやめてしまうと、ストレスになることもあります。このあたりはワンちゃん個々によって見極めていく必要があるでしょう。獣医さんと相談しつつ運動の量を少し少なくするなどの調整が必要です。

 

食事の管理が大切

血圧が高くなると、心臓は血液を送るために強い力で収縮しなければいけません。ですので、血圧を上げるような高塩分食などは控えること、また運動量も少なからず減りますので、肥満にならないように適切なフードを選ぶことが大切です。動物病院では病気に合わせたフードを紹介しているところが多いので、相談してみることをおすすめします。

 

条件が許せば手術という選択肢も

すべての動物病院でできるわけではありませんが、僧帽弁閉鎖不全症は、条件さえ合えば手術ができる病気でもあります。僧帽弁が閉じるように弁を縫う手術、あるいは人工的な弁ともともとの僧帽弁を取り替える手術もあります。あるい程度のリスクも考慮しなければなりませんし、費用もかなり高額になります。手術を検討するときには、しっかりと動物病院で相談するようにしておきましょう。

 

 

 

僧帽弁閉鎖不全症を予防する方法

 

食べものに気をつける

原因が分からないだけに、僧帽弁閉鎖不全症を完全に予防できる方法というのは難しいです。しかし、普段から食べものに気をつけるのはポイントになるといえます。塩分の高い食事は血圧の上昇を招きます。また脂肪分の高いものばかりを食べさせたりすると、肥満の原因になります。こういったことは、心臓に負担をかけることになるため、もし僧帽弁閉鎖不全症をおこしたときに、状態が悪化してしまうことが心配です。

 

定期健診を受けていれば安心

僧帽弁閉鎖不全症は治らない病気ではありません。早期に発見できれば、お薬などで調整することも可能です。また負担の大きな手術にならないようにケアするにも早めの発見がなにより重要。定期健診を受けることで、早期発見と早期治療が可能になります。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

僧帽弁閉鎖不全症は、初期のころだと症状がみえにくいことが多いです。そのため、定期健診などの習慣がないケースでは、ある程度重症になってから動物病院に運ばれてくることも少なくありません。日頃のケアが大切なのは人間と同じです。かわいいワンちゃんの心臓をまもるためにも、定期健診を受けましょう。とくに老齢の場合は、定期健診の重要度が高いといえます。

 

 

 

 

※参考文献

*上地正実:犬の僧帽弁閉鎖不全症における外科的治療:僧帽弁修復術. 日獣会誌. 65 . p611 ~ 616. 2012

* 高野裕史:犬の僧帽弁閉鎖不全症-慢性変性性房室弁疾患を中心に-. 北獣会誌 57. p37~44. 2013

*小野憲一郎他(編):イラストでみる犬の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1996

*上地正実:愛犬が「僧帽弁閉鎖不全症」と診断されたら読む本. 幻冬舎. 2015

*鷲巣月美(編):ペットのがん百科―診断・治療からターミナルケアまで. 三省堂 . 2011

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031 ●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.