東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

猫の病気 糖尿病

●糖尿病●

糖尿病とは?

糖尿病とは血液中の糖分が高くなる病気のこと!

糖尿病という病気は、私たち人間にとっても馴染みがある病気のひとつではないでしょうか。そのため、病気についてすでにご存知だという人もいるかと思います。この糖尿病という病気は、人間だけの病気ではなく、ワンちゃんやネコちゃんにとってもおこりうる病気なのです。今回は、ネコちゃんの糖尿病についてご紹介します。

糖尿病は、血液のなかの糖分が高くなりすぎる病気です。血液中の糖分が高くなりすぎると、ネコちゃんの体内バランスが崩れ、さらにさまざまな臓器にも障害がでてしまいます。糖尿病は全身病といって差し支えない病気なのです。まずは、病気についてご紹介するまえに、糖分がネコちゃんの体内でどのように処理されるのかを合わせてみていきましょう。

糖尿病の病態と糖分処理のメカニズム
食べものを食べると、そこからえられた糖分は、血液にのってからだの各細胞にはこばれて、生命活動のエネルギーとなります。このときに、糖分の取り込みをおこなうホルモンがあります。それがインシュリンというホルモンです。このインシュリンというホルモンは、膵臓という臓器でつくられています。しかし、ときにこのインシュリンがつくられなくなったり、あるいはインシュリンが適切にはたらかなくなることがあるのです。すると、細胞は糖分を取り込んだり、利用したりすることができないので、血液中の糖分が高くなりすぎてしまうのです。これが糖尿病です。

ちなみに、糖尿病には2つのタイプがあります。ひとつは、膵臓のはたらきがわるく、インシュリンがつくられないタイプです。これを「I型の糖尿病」といいます。もうひとつは、膵臓ではなく、インシュリンのはたらきがわるいもので、「II型の糖尿病」とよばれています。ネコちゃんの場合は、II型の糖尿病が多いといわれます。つまり、膵臓でインシュリンをつくることができるものの、そのインシュリンが正しくはたらかないので、結果的に血液中の糖分が高くなりすぎるというものです。

糖尿病の原因
ネコちゃんにみられる糖尿病の原因にはさまざまなものが報告されています。しかし、原因がはっきりとしないものもあります。今のところ、糖尿病の原因とされているものに以下のようなものがあります。

食生活の習慣

栄養バランスがわるい、食事の時間がバラバラで早食いやドカ食いといった習慣があると糖尿病になりやすいといわれます。

年齢

ネコちゃんの糖尿病が発症しやすい年齢は、10歳をこえたあたりから(6歳以上とするものもあります)だと報告されています。また、オスのネコちゃんの方が糖尿病になりやすいともいわれています。

もともともっている病気

もともとの病気が、糖尿病を引きおこすこともあります。ホルモンの病気、腎臓や肝臓などがあります。また病気とはいえませんが、関連するものとして、肥満も糖尿病のリスクを高める要因になります。

品種(遺伝を含めて)

遺伝なども関係があるといわれ、その関連としてネコちゃんの品種によっても糖尿病の発症率が高いものがあるという論文もあります。そこであげられているのが、以下のようなネコちゃんです。

*バーミーズ

*ノルウェージャン・フォレストキャット

*ロシアンブルー

*アビシニアン

 

 

 

糖尿病の症状

たくさん飲食するのに痩せてしまう

糖尿病になると、食欲が増加して、食べる量や飲む量がふえます。ですが、栄養の吸収が十分ではないこともあり、体重はむしろ落ちてくるという特徴があります。

 

全身病へと進行

食べる行動の変化は、いってみれば糖尿病の初期症状です。糖尿病が進行すると、神経の障害により、歩きにくくなったり、感染症にかかりやすくなり皮膚炎や膀胱炎といった、感染が原因でおこるさまざまな病気にかかりやすくなります。


ケトアシドーシスをおこす
ケトアシドーシスというのは、糖尿病の進行を示す状態のことです。体内の酸性・アルカリ性のバランスが崩れることで、体内の調整がうまくできないためにおこります。ケトアシドーシスが疑われる症状には以下のようなものがあります。

■飲水や食欲の低下

■元気がなく、ぐったりしている

■食べても吐く、下痢する

■意識もうろうの状態になる

血液検査・尿検査

糖尿病を調べるためにおこなう検査は、血液検査と尿検査が中心となります。血液中に含まれる糖分の量、尿中に含まれる糖分を調べることで、糖尿病であるかどうかを診断します。しかし、ネコちゃんの場合、検査結果がわかりにくいことがあります。1回の検査で判断することが難しいこともあり、複数回にわたって検査をする場合もあります。





糖尿病の治療

インスリンの投与

インシュリンが正常にはたらかない糖尿病に対する治療として、ホルモンであるインシュリンを人工的に薬剤化したものを注射します。これは獣医がおこなうこともあれば、獣医の指導のもとで、オーナー様が直接おこなうこともあります。

食事療法(フードの管理)

糖尿病の治療として、フードやおやつなどの管理はとても大切です。食事量や回数が不適切だと、血中の糖分もふえ過ぎてしまいます。食事の質と量、カロリー、回数、タイミングなどを合わせて担当の獣医と相談し、決められた方針をまもるようにしましょう。

運動も忘れずに

運動も、治療の一環として位置付けられています。ただ、運動はやればやるほどいいというものではありません。食事とインシュリン注射、そして運動という3つのバランスから適度な範囲にとどめるようにします。無理に運動をさせようとすると、ストレスから逆に血糖があがってしまうこともあるので、注意しましょう。

 

 

 

 

糖尿病を予防する方法

規則正しい生活が予防のポイント

運動の時間や食事の管理を中心に、普段から規則正しい生活を心がけましょう。むやみに脂肪分の高いものを食べさせ過ぎたり、極端に運動不足などがあると、肥満などにつながり、糖尿病を助長してしまいます。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

 

治ることは難しくても、適切に対応すれば寿命をまっとうすることも期待できます
糖尿病は、完治するというのが難しい病気であるというのが現状です。ですが、食事や運動、定期的な検診などをきちんとおこなえば、寿命を維持しながら生活することも期待できる病気です。そのためにも、健康診断を定期的に受けて、早期発見・早期治療を心がけましょう。発見が早ければ早いほど、対応がスムーズにできます。

 

 

 

 

※参考文献

*小野憲一郎他:イラストでみる猫の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1998

*東京大学・獣医臨床病理学研究室・犬と猫の内分泌疾患ハンドブック(http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/vcpb/endo-dx.pdf 2017年1月3日閲覧)

*森昭博他:小動物領域における新しい血糖コントロールマーカー糖化アルブミン(GA)測定,  Bulletin of Nippon Veterinary and Life Science University (58), 48-52, 2009

*上田香織他:肥満猫に対する糖尿病療法食が血清グルコースおよびインスリン濃度に与える影響について, ペット栄養学会誌 15(Suppl), Suppl_38-Suppl_39, 2012

*望月雅美他:ネコ白血病ウイルス感染症の診断, 鹿兒島大學農學部學術報告 35, p153~157, 1985

*下田哲也他:猫白血病ウイルス感染症の病態に関する研究, 動物臨床医学 9(4), p187〜192, 2001

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031
●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●
アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.