東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

猫の病気 胆のう炎

●胆のう炎●

胆のう炎とは?

胆のう炎とは消化に関わる病気のひとつ!

胆のう炎とは、その名のとおり「胆のう」という内臓が炎症をおこしてしまうものです。消化に深く関係している臓器だけあって、胆のうの調子がわるくなってしまうと、食べものの吸収がうまくいかず、食欲がなくなってしまったり、元気がなくなるといった症状がみられるようになります。原因としては感染や日頃の食生活などのライフスタイルなども関係してきます。放置はとても危険で、ときに胆のうが破れてしまい全身の病気に発展してしまうこともあります。今回はワンちゃんにおこる胆のう炎という病気について詳しくみていきます。

 

胆のうという臓器について

胆のうは大きいソラマメのような形をした臓器で、総胆管(そうたんかん)という管を通じて肝臓、膵臓、十二指腸といった消化に関わる内臓とつながっています。胆のうの役割は肝臓から出される「胆汁(たんじゅう)」という消化液をうけとって、溜めておくことです。ここで胆汁は濃縮されてて十二指腸に送られます。胆汁は膵臓から出される消化液と合わせて脂肪やタンパク質を分解するというはたらきがあります。栄養の吸収をおこなうのは腸ですが、その前にきちんと脂肪やタンパク質を分解し、吸収しやすい状態にしておくというわけです。

 

胆のう炎の原因は?

胆のう炎をおこしてしまうのはなぜでしょうか。その原因にはいくつか考えられます。おもな原因として以下のようなものをあげることができます。

■胆のう自体が病気になってしまう

胆のう自体の病気として、代表的なものに「胆石症(たんせきしょう)」というものがあります。いってみれば胆のうに石ができてしまうことです。胆汁にはいろいろな成分が含まれていますが、その成分が固まって石のように固くなることがあります。これが胆のうの組織を傷つけたりして、炎症がおこすことがあるのです。

■消化液が胆のうに逆流してしまう

膵臓や十二指腸などに炎症などがあると、胆汁がうまく流れずに胆のうに逆流してくることがあります。このとき炎症に関わる物質も流れてくるため、胆のうが延焼することがあります。細菌への感染などでみられることが多いです。

■胆汁の濃度が濃くなりすぎてしまう

胆汁を濃縮するはたらきがある胆のうですが、濃縮されすぎるとドロドロになってしまいます。こうなるとスムーズに胆汁が流れないため、胆のうに胆汁が溜まりすぎてしまい異変をおこします。このような状態は、病気でおこることもあれば、生まれつき脂肪の代謝がうまくできないワンちゃんでみられることもあります。

 

 

 

 

胆のう炎の症状

 

食事がとれない、元気がない

胆のうが病気になっていまうと、消化がうまくできないため食欲が落ちてきます。食べることができないため元気がなくなり、また食べても吐いてしまったり、あるいは下痢することもあります。こうなると体力の消耗はますます激しいものになってしまいます。

 

皮膚や白目、歯茎が黄色くなる

胆のうの病気で胆汁がうまく出されなくなると、胆汁のなかに含まれる色素成分が体内に溜まってしまい、皮膚、白目、歯茎などが黄色っぽく変色する症状がみられます。これを「黄疸(おうだん)」といいます。黄疸は胆のうだけでなく肝臓などの病気も疑われ、病気が進行しつつある兆候のひとつであるため、早いうちに動物病院でみてもらうようにしましょう。

 

最終的には腹膜炎も

胆のうの炎症が進み、組織が死んでしまったりすると胆のうが破裂してしまい、身体に炎症物質や細菌などが広がってしまう「腹膜炎(ふくまくえん)」という状態になることがあります。腹膜炎はとても怖いもので、発熱、脱水などの症状がみられ、さらに意識を失い短時間のうちに命を落としてしまう危険性もあります。そうならないためには、胆のう炎の治療を早期に行うことが大切です。

 

 

 

 

胆のう炎の検査

 

画像検査

胆のう炎の検査で活躍するのが画像検査。なかでもエコー検査といって超音波を使って内臓をみるものが、胆のう炎の発見に貢献してくれます。エコー検査のよいところは、写真と違って動画として臓器の状況を確認できるということです。定期検診で行うエコー検査で偶然胆のう炎がみつかることもあります。そのほかにもレントゲンを使うことがあります。

 

血液検査

血液検査では確実な判断はできませんが、画像検査と合わせておこなうことで、より精度の高い診断ができます。血液の異常はみられることもあれば、みられないこともあります。もし胆のうや肝臓に異常があれば、GPT、GOT、ALPなど値が普通よりも高く表示されます。

 

 

 

胆のう炎の治療

薬による治療

胆のう炎で使われる薬には、細菌などをやっつける抗菌薬、胆汁をうまく流せるようにする薬などが使われます。症状が重くないのであれば、このような薬によって回復していくことが多いです

 

外科手術

胆のうの病気は、進行すれば近隣の臓器にも影響してくるため、病状が進行していれば手術で取り除くことが必要になります。最近では胆のうの症状が末期になる前にも病気の広がりを防ぐために手術を優先するという考えもあります。

 

 

 

 

胆のう炎を予防する方法

 

定期検診を受ける

胆のうは初期の症状が乏しいこともあります。定期的に検診を受けているネコちゃんでは、早期のうちに偶然発見されるとうケースが稀ではありません。定期検診は何より有効な予防法といえます。

 

食事の管理 高カロリー・高脂肪を控える

人間と一緒でアンバランスな食事は胆のうにとって良いものではありません。とくに高カロリー・高脂肪の食事やおやつを食べすぎていると、消化器にも負担をかけてしまいます。栄養バランスのとれた食事を心がけましょ

 

 

 

 

院長からのアドバイス

胆のう炎は早期に治療すれば治る病気
胆のう炎は、症状がみられにくく知らないうちに進行しているということもあります。ですが、早期に発見できれば治療できる病気です。見つけにくい病気に対してできる予防策は、定期検診に勝るものはありません。大きな病気になるまえに、猫ちゃんの健康管理の一環として定期検診を習慣にしましょう。

 

 

 

 

※参考文献

*小野憲一郎他:イラストでみる猫の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1998

*小方宗次:カラーアトラス 最新くわしい猫の病気大図典―豊富な写真とイラストでビジュアル化した決定版. 誠文堂新光社. 2009

*韓宇他:腹腔鏡を用いた犬の胆嚢炎の治験例, 獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 31, 64, 2000

**東京大学・獣医臨床病理学研究室・犬と猫の内分泌疾患ハンドブック(http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/vcpb/endo-dx.pdf 2016年11月10日閲覧)

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031
●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●
アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.