東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護

落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院
落合動物病院 東京都調布市 京王線調布駅 動物病院 急患随時受付 ペットホテル 往診 在宅介護
落合動物病院
落合動物病院

診療時間 9:00 ~ 12:00・16:00 ~ 19:00

休診日 日曜・祭日 アクセス 駐車場
各種ペット保険取扱 各種クレジットカード取扱

落合動物病院
急患は随時受付けております まずはお電話を
落合動物病院 狂犬病予防接種・定期健診について

猫の病気 ウイルス性鼻気管炎

●ウイルス性鼻気管炎●

ウイルス性鼻気管炎とは?

ウイルス性鼻気管炎とはネコちゃんの風邪のこと!

この病気は、名前の呼び方もさまざまで、「上部気道感染症(じょうぶきどうかんせんしょう)」、「伝染性鼻気管炎(でんせんせいびきかんえん)」などいくつかの呼び方があります。ちょっと混同してしまいそうですが、わかりやすくいえば、ネコちゃんの「風邪」といっていいでしょう。ただ動物の世界で「風邪」という病名が正式に使われることはなく、あくまで日常的な通称としてもちいられている名称です。症状は人間の風邪と似たような症状がみられることが多いです。感染の原因には、ヘルペスウイルス、カリシウイルスなどいくつかのウイルスが関係していることがわかっています。一般にウイルスは乾燥につよいので、冬の時期になると流行することが多いと考えられています。ただ「冬以外はおこらない」ということではありません。その点は注意しておきましょう。

 

感染経路は鼻みず・目やになどへの接触

一般的な感染経路として知られているのは、感染したネコちゃんからでる「鼻みず」、あるいは「目やに」などに直接触ってしまうことが考えられます。鼻みずや目やににはたくさんのウイルスがいます。また感染したネコちゃんがだす鼻みずや目やには約3週間程度ウイルスがいるといわれますので、この期間に直接鼻みずや目やに触れるのは感染のリスクが高くなるといえます。さらに空気中のウイルスを吸い込んでしまっても感染する可能性があります。ある程度成長したネコちゃんであれば、すでにウイルスに対して免疫があるので、感染のリスクは低いといわれます。そのため、心配なのはまだ小さい子ネコちゃんです。生まれたばかりの子ネコちゃんのオーナー様はとくに注意してあげる必要があります。

 

 

 

ウイルス性鼻気管炎の症状とは?

症状がでやすいのは目・鼻・口

ウイルス性鼻気管炎の症状がみられやすいのは、目、鼻、口といった場所です。具体的な症状を以下にまとめておきます。

 

  • 目の症状・・・涙の量がふえる 目やにがふえる 目が炎症し、ただれる
  • 鼻の症状・・・鼻みず くしゃみ 鼻のまわりの皮ふに炎症がおこる
  • 口の症状・・・口内炎
  • そのほかの症状・・・食欲がなくなる 熱が出る

 

といったものがよくみられます。

 

重症の場合は高熱や命に関わることも

症状が軽い場合であれば、多くのネコちゃんは、感染するとずっと症状がでたり消えたりをくり返します。免疫のはたらきが弱くなると涙の量がふえたり、くしゃみをしたり、鼻みずがでたりします。しかし、重症の場合は、40度以上もの高熱が何日もつづいて、とくに子ネコちゃんであれば、体力もまだ十分ではないので命を落としてしまうこともあります。また鼻みずの量も多くなります。また稀とはいわれますが、脳の炎症になり、これも致命的な状態に至るケースとなります。ですので、心配であればできるだけ早い段階で獣医さんに相談しておくと安心です。

 

 

 

ウイルス性鼻気管炎の検査はどんなもの?

 

まずは診察で

ウイルス性鼻気管炎は、ネコちゃんに比較的多い病気でもあり、また外見状も特徴があります。そのため、ある程度臨床経験のある獣医であれば、外見をみただけである程度の判断することができます。

 

血液検査はほかの病気との鑑別にも有効

外見的に判断できるといいましたが、診断をより確実にする必要がるとき、あるいは治療をある程度つづけたにも関わらず、その効果がみられないときには、血液検査をすることもあります。体力が落ちているネコちゃんには、エイズウイルス、白血病ウイルスなどに感染してしまうこともあるからです。このようなほかの病気との区別をはっきりさせるためにも血液検査が有効なのです。

 

 

 

ウイルス性鼻気管炎の治療

 

軽い症状ならお薬で治療する

症状が軽ければ、インターフェロンという抗ウイルス剤を使って治療を行います。抗ウイルス剤とは、ウイルスと戦ってくれるお薬のことです。通常はこれを1日おきに3回程度注射します。また同時にほかの細菌などに感染したりすることのないよう、抗生物質とよばれるお薬も使っていきます。

 

重症のときには外科的な手術も必要

症状が非常に重いウイルス性鼻気管炎では、外科的な処置を行って、薬を与える場合もあります。ただしこれは一般的ではありません。まれにですが、骨に感染が進行し、薬をあげても骨にまで薬の効果がないというケースがあります。この場合には、直接手術によって、骨に薬を投与することもあります。ただネコちゃんに負担が大きいので、できるかぎり避けたい治療ではあります。できる限り薬により治療できる方法を選択のが一般的でしょう。

 

 

 

ウイルス性鼻気管炎の予防のために

 

ワクチン接種

ウイルス性鼻気管炎の予防方法として推奨されているのがワクチンの接種です。ワクチンにはいくつも種類があります。一般には「3種ワクチン」というワクチンを接種しているネコちゃんが多いといわれます。3種類の病気に対応していて、もちろんウイルス性鼻気管炎にも対応しています。ワクチンの接種は回数を分けて接種するので、日程のプランをかかりつけの獣医さんと決める必要があります。そのほかにも4種、5種、7種などのワクチンもあり、費用も変わります。このあたりは獣医さんに直接相談するのがよいでしょう。

 

外から帰ったら手を洗う

外で遊んだりすることが多いと、どこで感染しているかわかりません。家に帰ったら必ず手洗いなどしてあげるように注意してください。

 

使用する食器類は消毒してあげる

感染しているネコちゃんがつかった食器類を別のネコちゃんが使うと、うつる危険性がありますので、使用する器具類は塩素系の漂白剤などでこまめに消毒するようにします。

 

 

 

 

院長からのアドバイス

ネコちゃんのウイルス性鼻気管炎は、比較的よくみられる病気です。ちょっと目やにや口もとの炎症、元気がないなどがあれば、すぐに獣医さんに相談してください。また、ネコちゃんを感染からまもるためにもワクチン接種は受けておくことをおすすめします。ただし、ワクチン接種も100%の予防法ではありません。そのあたりは十分に獣医さんと相談して、どのワクチンを接種するかを決めるのがよいでしょう。

 

 

 

 

※参考文献

*一般社団法人日本獣医学フォーラム(URL: http://www.jbvp.org/petlovers/cat_name_densen.html 2012年5月閲覧)

*小方宗次:カラーアトラス 最新くわしい猫の病気大図典―豊富な写真とイラストでビジュアル化した決定版. 誠文堂新光社. 2009

*小野憲一郎他:イラストでみる猫の病気 (KS農学専門書). 講談社. 1998

急患は随時受け付けております 落合動物病院
落合動物病院付属ペットホテル 詳しくはこちらをクリック 落合動物病院在宅サービス 詳しくはこちらをクリック 動物ナビ
落合動物病院ブログ

落合動物病院 〒182-0021東京都調布市調布ヶ丘 2-3-13 ●042-487-0031 ●診療時間9:00 ~ 12:00 ・16:00 ~ 19:00 ●休診日 日曜・祭日 ●アクセス 駐車場

Copyright (c) Ochiai animal hospital All Rights Reserved.